みやまはなしのぶ (深山花忍)

Polemonium caeruleum ssp. yezonense var. nipponicum

Polemonium caeruleum ssp. yezonense var. nipponicum

Polemonium caeruleum ssp. yezonense var. nipponicum

Polemonium caeruleum ssp. yezonense var. nipponicum

Polemonium caeruleum ssp. yezonense var. nipponicum

わが国の固有種で、本州の北アルプスと南アルプスに分布しています。亜高山帯の林縁や草地に生え、高さは40〜50センチになります。葉は奇数羽状複葉で、小葉は7〜9対あります。7月から8月ごろ、花茎を伸ばして、淡い青紫色の花を咲かせます。「えぞのはなしのぶ(蝦夷の花忍)」の変種です。 
ハナシノブ科ハナシノブ属の多年草で、学名は Polemonium caeruleum ssp. yezonense var. nipponicum。英名はありません。 
 
[上・中1・下] 長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、2006年07月08日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2005年07月08日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp