みつでかえで (三手楓)

Acer cissifolium

Acer cissifolium

Acer cissifolium

Acer cissifolium

Acer cissifolium

Acer cissifolium

Acer cissifolium

Acer cissifolium

Acer cissifolium

わが国の各地に分布しています。やや深い山地に生え、高さは10メートルほどになります。樹皮は黄色みを帯びた灰色で粗く、葉は3出複葉で対生します。5月から6月ごろ、前年枝に花を咲かせます。材は器具や薪炭に利用されます。 
カエデ科カエデ属の落葉中高木で、学名は Acer cissifolium。英名は Ivy-leaved maple。 
The ivy-leaved maple (Acer cissifolium) belongs to Aceraceae (the Maple family). It is a semi-tall decidous tree that is distributed to various parts of Japan. This tree grows in a slightly deep mountainous area and is about 10 m high. The bark is yellowis gray and rough, and the leaves are trifoliate and opposite. The flowers bloom on the previous year's twigs from May to June. The timber is used for equipments and fuelwood. 
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2005年04月28日撮影。
[中2] 同上にて、2003年06月21日撮影。
[中3〜中6] 宮城県川崎町前川にて、2020年06月01日撮影。
[中7・下] 宮城県川崎町支倉にて、2020年06月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp