みつばうつぎ (三葉空木)

Staphylea bumalda

Staphylea bumalda

Staphylea bumalda

Staphylea bumalda

Staphylea bumalda

Staphylea bumalda

Staphylea bumalda

Staphylea bumalda

Staphylea bumalda

Staphylea bumalda

Staphylea bumalda

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山地の沢沿いや崩落地に生え、高さは3〜5メートルになります。葉は3出複葉で対生し、小葉は長楕円形から卵形です。縁には短い芒状の鋸歯があります。4月から5月ごろ、枝先の円錐花序に、小さな白色の花を咲かせます。果実は刮ハで、矢筈形をしています。 
ミツバウツギ科ミツバウツギ属の落葉低木で、学名は Staphyle bumalda。英名は Japanese bladdernut。 
The Japanese bladdernut (Staphyle bumalda) belongs to the Staphyleaceae family. It is a small deciduous tree that is distributed all over Japan, the Korean Peninsula and China. This tree grows along mountain streams and collapsed areas, and can reach 3-5 m in height. The leaves are trifoliate and opposite, an with oblong to ovate leaflets. The leaf edges have short awn-shaped serrations. The small white flowers come on the panicles at the tips of the branches from April to May. The fruits are nock-shaped capsules. 
[上・中3] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、2006年05月15日撮影。
[中1] 長野県松本市内田「牛伏寺」にて、2005年05月21日撮影。
[中2] 長野県松本市内田にて、2005年05月22日撮影。
[中4] 長野県東御市新張「湯の丸高原」にて、2005年07月09日撮影。
[中5〜9・下] 宮城県川崎町支倉にて、2020年05月13日。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp