モノレナ・プリムリフローラ [Index] [Back]

Monolena primuliflora

Monolena primuliflora

エクアドルそれにペルーが原産です。熱帯雨林に生え、高さは30〜45センチになります。着生するか地生です。葉は披針形で鮮やかな赤色を呈し、やがて成熟すると濃い緑色に変わります。この植物はアリと共生関係にあると考えられています。この植物はアリを植物に引き付けるためにこれらのタンパク質に富む「真珠体」を提供し、アリは様々な害虫を除去することによって植物に利益をもたらしたり、花の受粉を助けます。 
ノボタン科モノレナ属の常緑多年草で、学名は Monolena primuliflora (syn. Monolena primulaeflora)。英名はありません。 
Monolena primuliflora belongs to the Melastmataceae (the Melastome family). It is an evergreen perennial herb that is native to Ecuador and Peru. This herb grows in rainforests and up to a height of 30-45 cm. It is epiphytic or terrestrial. The leaves are lanceolate and emerge bright red and slowly turn dark green as they mature. It is believed to the plants have a symbiotic relationship with ants. The plants provide these protein rich "pearl bodies" to attract ants to the plant, and the ants may benefit the plant by removing a variety of insect pests and may assist in pollinating flowers. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、2011年12月04日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp