ミロバランすもも (ミロバラン李)

Prunus cerasifera

Prunus cerasifera

Prunus cerasifera

Prunus cerasifera

Prunus cerasifera

Prunus cerasifera

南東ヨーロッパから西アジアが原産です。高さは7〜8メートルほどになります。花は白色から淡いピンク色で直径2センチほど、5個の花弁と多くの雄しべがあり、2月中旬から3月に咲きます。果実は直径2〜3センチの核果で食用になり、7月上旬から9月中旬に黄色や赤色に熟します。「せいようすもも」は、「スピノサすもも」と本種との雑種系統だと考えられています。 
バラ科サクラ属の落葉小高木で、学名は Prunus cerasifera。英名は Myrobalan plum、Cherry plum。 
Myrobalan plum (Prunus cerasifera) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a semi-tall deciduous tree that is native to Southeast Europe and Western Asia. The flowers are white or pale pink and about 2 cm across, with five petals and many stamens, and bloom mid-February to March. The fruit is an edible drupe, 2-3 cm in diameter, ripening to yellow or red from early July to mid-September. Plum (Prunus domestica) is believed to hybrids between Prunus spinosa and Prunus cerasifera. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2005年04月09日撮影。
[中2・中3] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェにて、2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4・下] オーストラリア・サウスウェールズ州シドニーにて、2006年08月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp