ナンセ [Index] [Back]

Byrsonima crassifolia

Byrsonima crassifolia

熱帯アメリカが原産です。開けたパインの林や草の多いサバンナなどに生え、高さは10メートルほどになります。この植物は、ときにメキシコや中央アメリカの一部で果実として栽培されています。葉は長楕円形で光沢があり、裏面には褐灰色の羊毛のような毛が生えています。花は鮮やかな黄色で、時間が経つと橙赤色に変わります。果実は直径8〜12センチあり、黄色に熟します。果実は非常に酸っぱく、独特の味と香りがあります。 
キントラノオ科ビルソニマ属の常緑小低木で、学名は Byrsonima crassifolia。英名は Nance、Golden spoon。 
Nance (Byrsonima crassifolia) belongs to the Malpighiaceae family. It is a semi-tall evergreen tree that is native to tropical America. This tree grows in open pine forests and grassy savannas, and up to a height of 10 m. The plant is occasionally cultivated for its fruit in Mexico and parts of central America. The leaves are oblong, glossy, and the under surface brown-gray wooly tomentose. The flowers are bright yellow, turning orange red with age. The fruits are 8-12cm in diameter, ripening yellow. They have a very pungent and distinct flavor and smell. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、2011年12月04日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp