ネクタリン (椿桃)

Prunus persica var. nectarina

中国が原産の「もも(桃)」の変種です。少雨で日当たりの良いところを好み、高さは6メートルほどになります。4月ごろ、葉の展開前に淡紅色の花を咲かせます。果実は核果で、7月から8月ごろ赤く熟します。果皮の表面は無毛で光沢があり、果肉は黄色く甘みや酸味が強いのが特徴です。和名では「つばいもも(椿桃)」と呼ばれますが、果実が「つばき」に似ていることからでしょうか。 
バラ科サクラ属の落葉小高木で、学名は Prunus persica var. nectarina(syn. Prunus persica var. nucipersica)。英名は Nectarine。 
 
オーストラリア・シドニー市キャッスルヒルにて、2005年12月20日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp