ネペンテス・アラータ

Nepenthes alata

Nepenthes alata

マレーシアからボルネオ島、スマトラ島それにフィリピンに分布しています。標高800〜2000メートルの苔生した雨林に生え、蔓性で長さは4メートルほどになります。食虫植物です。蔓の先端に捕虫嚢があり、入口の密腺に誘った虫を捕獲します。捕虫嚢の色は淡い緑色ですが、しばしば淡赤色や暗赤色、紫色などの斑が入ります。 
ウツボカズラ科ウツボカズラ属の常緑多年草で、学名は Nepenthes alata。英名は Winged nepenthes。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年10月13日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp