にわぜきしょう (庭石菖)

Sisyrinchium atlanticum

Sisyrinchium atlanticum

Sisyrinchium atlanticum

Sisyrinchium atlanticum

北アメリカが原産です。わが国へは明治時代の中頃に観賞用として渡来しました。今では帰化していて、日当たりの良い草地や道端に見ることができます。名前は、庭に生え、葉が「せきしょう(石菖)」に似ていることに因みます。5月から6月ごろ、茎の先に細い花柄をだして、小さな花をつぎつぎに咲かせます。花は白紫色や紅紫色、青紫色などいろいろとありますが、中心部は黄色です。 
アヤメ科ニワゼキショウ属の多年草で、学名は Sisyrinchium atlanticum。英名は Eastern blue-eyed grass。 
The eastern blue-eyed grass (Sisyrinchium atlanticum) belongs to Iridaceae (the Iris family). It is a perennial herb that is native to North America. This herb was introduced into Japan as an ornamental plant in the middle of Meiji Era (about 120 years ago). Now it is naturalized in sunny grasslands or roadsides. The small flower come on the slender peduncles continually from May to June. The tepal is whitish-purple, magenta or bluish-purple with a yellow center. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2007年05月22日撮影。
[中2・下] 同上にて、2004年05月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp