ラケナリア・ルビダ

Lachenalia rubida

Lachenalia rubida

Lachenalia rubida

南アフリカのケープ地方の西部に分布しています。砂地の平原や丘陵に生え、高さは20センチほどになります。葉は2個がでて、褐色の斑があります。11月ごろ、花茎を伸ばして明るい紅色の筒状花を咲かせます。 
ユリ科ラケナリア属の多年草で、学名は Lachenalia rubida。英名はありません。 
 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年12月07日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp