リナリア・プルプレア (紫海蘭)

Linaria purpurea

Linaria purpurea

Linaria purpurea

Linaria purpurea

Linaria purpurea

ヨーロッパの南東部が原産です。茎は直立して、高さは45〜90センチになります。葉は狭い披針形です。6月から8月ごろ、長い総状花序に紫色の花を咲かせます。花色は紫色のほか、白色やピンク、紅桃色、藤色などがあります。和名では「むらさきうんらん(紫海蘭)」あるいは「宿根リナリア」と呼ばれます。
ゴマノハグサ科ウンラン属の多年草で、学名は Linaria purpurea。英名は Toadflax。
The toadflax (Linaria purpurea) belongs to Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennial herb that is native to the east-southern Europe. The stems are erect and it can reach 40-90 cm in height. The leaves are narrow lanceolace. The purple flowers bloom in the long racemes from June to August. There are many other flower-colors, such as white, pink, rose-pink or lavender.
[上・中1] 長野県山ノ内町平穏「丸池」にて、2005年07月15日撮影。
[中2] オランダ・アムステルダム市にて、2013年07月09日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中3・下] イギリス・ランカシャー州プレストンにて、2020年07月01日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp