レインボーユーカリ [Index] [Back]

Eucalyptus deglupta

Eucalyptus deglupta

フィリピンからインドネシア、それにパプアニューギニアに分布しています。熱帯雨林に生え、高さは60〜75メートル、幹の直径は2.4メートルまでになります。樹皮は滑らかで、オレンジがかった色、帯状に剥げ落ち、淡緑色や赤色、オレンジ色、灰色、紫色がかった茶色の縞が現れます。葉は卵形で、2個ずつ対生し、短い葉柄があります。小さな白い花は、地域に応じて年間を通して様々な時期に、散形花序に咲きます。果実は、長さ約3〜5ミリの木質で茶色、半球形の刮ハです。この樹木は、紙の原料であるパルプを得るために世界中で広く栽培されています。 
フトモモ科ユーカリ属の常緑高木で、学名は Eucalyptus deglupta。英名は Rainbow eucalyptus、Mindanao gum。 
Rainbow eucalyptus (Eucalyptus deglupta) belongs to Myrtaceae (the Myrtle family). It is a tall evergreen tree that is native to the Philippines, Indonesia, and Papua New Guinea. This tree grows in tropical rainforests, and reaches a height of 60-75 m with the trunk up to 2.4 m in diameter. The bark is smooth, orange-tinted, and sheds in strips, revealing streaks of pale green, red, orange, gray, and purplish brown. The leaves are ovate, arranged in opposite pairs on a short petiole. The small white flowers bloom on umbels at various times during the year depending on locality. The fruit is a woody, brown, hemispherical capsule about 3-5 mm long. This tree is grown widely around the world in tree plantations, mainly for pulpwood used in making white paper. 
アメリカ・フロリダ州「サンケンガーデンズ」にて、2011年05月17日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp