リーガースベゴニア

Begonia x hiemalis

Begonia x hiemalis

Begonia x hiemalis

Begonia x hiemalis

Begonia x hiemalis

Begonia x hiemalis

Begonia x hiemalis

Begonia x hiemalis

Begonia x hiemalis

Begonia x hiemalis

「エラチオールベゴニア」とも呼ばれています。球根ベゴニアとクリスマスベゴニアを交配して生まれた品種です。1955年にドイツの育種家オットー・リーゲル氏によって育成されました。もともとは短日性の植物なので秋から冬咲きですが、今では開花調節によってほとんど一年中出回っています。花色は赤色、ピンク色、黄色、白色などで覆輪もあります。 
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の多年草で、学名は Begonia x hiemalis。英名は Rieger begonia、Elatior begonia。 
Rieger begonia (Begonia x hiemalis) belongs to the Begoniaceae (the Begonia family). It is also called Elatior begonia. It is a perennail herb that is a hybrid between Tuberous begonia and Christmas begonia. It was first bred by German breeder Otto Rieger in 1955. This begonia is naturally short-day plant and bloom in fall and winter. Though it comes on to market through the year in manner of flowering regulation. There are many flower-colors, such as red, pink, yellow, white and marginal variegation. 
[上] スイス・マイリンゲンにて、2002年07月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1〜中4] 愛知県豊橋市「豊橋総合動植物公園」にて、2001年11月24日撮影。
[中5・中6] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、2009年11月15日撮影。
[中7〜8・下] 新潟市東区秋葉「新潟県立植物園」にて、2018年01月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp