ロスサポテ [Index] [Back]

Pouteria sp.

中央アメリカが原産です。「カニステル」の変種か近縁種かもしれません。果実はより大きな果房を形成し、「カニステル」の大きな選抜種よりも小さくて丸いです。果実には薄い橙黄色の果皮があり、果肉はしっくりしていて、固ゆで卵の黄身に似ています。それは生で食べられ、料理、パイ、そしてアイスクリームに使われています。 
アカテツ科アカテツ属の常緑低木で、学名は Pouteria sp.。英名は Ross sapote。 
Ross sapote (Pouteria sp.) belongs to the Sapotaceae (the Sapote family). It is a small evergreen tree that is native to Central America. Ross Sapote may be a variety of Canistel or a close relative. The fruit grows more in clusters and is smaller and rounder than the larger selections of canistel. It has an orange-yellow thin skin, flesh is moist, resembling a hard boiled egg yolk. It is eaten fresh, it is used in cooking, pies, and ice cream. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンター・エステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp