りゅうきゅうばしょう (琉球芭蕉)

Musa balbisiana

Musa balbisiana

Musa balbisiana

Musa balbisiana

Musa balbisiana

Musa balbisiana

Musa balbisiana

Musa balbisiana

Musa balbisiana

Musa balbisiana

わが国の南西諸島南西諸島から東南アジア、太平洋諸島に分布に分布しています。偽茎を伸ばして、高さは6メートルほどになります。この偽茎からは繊維が採れ、麻布のような風合いの芭蕉布(ばしょうふ)が織られます。別名で「いとばしょう(糸芭蕉)」とも呼ばれます。
バショウ科バショウ属の常緑多年草で、学名は Musa balbisiana (syn. Musa liukiuensis)。英名は Plantain。
The Plantain (Musa balbisiana) belongs to the Musaceae (the Banana family). It is a perennial evergreen herb that is distributed southward from the Ryukyu Islands of Japan to Southeast Asia and the Pacific Islands. The pseudostem can reach 2-3 m in height. They are used for fabric raw materials.
[上・中1・中5] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、2008年12月07日撮影。
[中2・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年02月15日撮影。
[中4] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2009年03月28日撮影。
[中5・中6] 同上にて、2012年07月21日撮影。
[中7・下] 同上にて、2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp