ライトやし (ライト椰子) [Index] [Back]

Acoelorrhaphe wrightii

Acoelorrhaphe wrightii

Acoelorrhaphe wrightii

Acoelorrhaphe wrightii

中央アメリカ、メキシコ南東部、カリブ海諸島、バハマ諸島それに最遠にあるフロリダ州南部が原産です。池沼や周期的に浸水する林に生え、高さは5〜7メートルになります。幹は細く、直径15センチ以内、古い葉の基部や緩くて褐色、繊維状のマットに被われています。樹冠は3〜4メートルの幅があり、細い茎頂に20〜25個の葉状体がつきます。葉は掌状複葉で、裂片は深裂し、60〜90センチの幅があります。葉の表面は薄緑色で、裏面は銀色です。春の終わり、白色から緑色がかった目立たない花を、長く分枝した花序に咲かせます。果実は豆粒大で、初めはオレンジ色で成熟すると黒色に変化し、秋には見事になります。 
ヤシ科ライトヤシ属の常緑小高木で、学名は Acoelorrhaphe wrightii。英名は Everglades palm、Saw cabbage palm。 
Everglades palm (Acoelorrhaphe wrightii) belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a semi-tall tree that is native to Central America, south-eastern Mexico, the Caribbean, the Bahamas, and extreme southern Florida. This tree grows in swamps and periodically flooded forests, and up to 5-7 m tall. The trunks are slender, less than 15 cm across, and covered with old leaf bases and loose brown fibrous matting. The crown is 3-4 m wide with 20-25 fronds atop thin stems. The leaves are palmately compound, with segments deeply divided, 60-90 cm wide, light-green above, and silver underneath. The inconspicuous, whitish to greenish flowers bloom in the long branched clusters in late spring. The fruits are pea-sized, starting orange and turning to black at maturity quite showy in the fall. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンター・エステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp