サバル・カウシアルム [Index] [Back]

Sabal causiarum

Sabal causiarum

カリブ海にあるヒスパニオラ島、プエルトリコそれにバージン諸島が原産です。団扇状のヤシで、高さは10メートルほど、直径は35〜70センチになります。葉は20〜30個つき、それぞれに60〜120個の小葉があります。花序は分枝し、弓なりになるか下垂し、球形で黒色の果実をつけます。葉は、麦わら帽子の製造に使用されます。 
ヤシ科サバル属の常緑小高木で、学名は Sabal causiarum。英名は Puerto Rico palmetto。 
Puerto Rico palmetto (Sabal causiarum) belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to Hispaniola, Puerto Rico, the Virgin Islands. It is a fan palm and grows up to 10 m tall and 35-70 cm in daimeter. The plants have 20-30 leaves, each with 60-120 leaflets. The inflorescences are branched, arching or pendulous, bear globose, black fruit. The leaves are used in the manufacture of "straw" hats. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンター・エステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp