セントポーリア

Saintpaulia cv.

Saintpaulia cv.

Saintpaulia cv.

Saintpaulia cv.

Saintpaulia cv.

Saintpaulia cv.

Saintpaulia cv.

Saintpaulia cv.

セントポーリア属は、タンザニア北部からケニア南部にかけて24種ほどが分布し、赤道直下の高山の涼しい所にわずかに生えています。室内で栽培ができるため、数多くの園芸品種が作出されています。矮性で花色や花形も豊富です。名前は、19世紀にこの花を発見したセント・ポールイレール(Baron Walter von Saint Paul-Illaire)に因みます。別名で「アフリカすみれ(アフリカ菫)」とも呼ばれます。 
イワタバコ科セントポーリア属の常緑多年草で、学名は Saintpaulia(属の総称)。英名は African violet。 
African violet (Saintpaulia) belongs to the Gesneriaceae (the African violet family). It is an evergreen herb that is distributed from northern Tanzania to southern Kenya. About 24 species of Saintpaulia genus grows rarely in the cool place of the high mountains just below the equator. Because cultivation is possible indoors, many garden cultivars have been produced. It is dwarf and rich in flower color and flower form. The genus name is attributed to Baron Walter von Saint Paul-Illaire who discovered this flower in the 19th century. 
[上・中1〜3] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2006年01月06日撮影。
[中4] オーストラリア・シドニー市キャッスルヒルにて、2005年12月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5〜6・下] 福岡市中央区「福岡市植物園」にて、2017年10月06日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp