サンドポストオーク [Index] [Back]

Quercus margaretta

Quercus margaretta

Quercus margaretta

アメリカのマサチューセッツ州から南にフロリダ州中部、西にはカンザス州東部、イリノイ州それにテキサス州に分布しています。開けた尾根や砂丘の低木地帯、それに林などに生え、高さは20メートルほど以下になります。樹皮は灰色から赤褐色で、幅広で平らな尾根とうろこ状の割れ目があります。葉は硬く、濃い緑色で互生し、形状が変化します。果実は、皿形の殻斗を備えた1.5〜2ミリの卵形堅果です。 殻斗は鱗状で、柔らかい毛があります。 
ブナ科コナラ属の落葉高木で、学名は Quercus margaretta。英名は Sand post oak。 
Sand post oak (Quercus margaretta) belongs to the Fagaceae (the Beech family). It is a tall deciduous tree that is distributed from Massachusetts south to central Florida and west into eastern Kansas, Illinois, and Texas. This tree grows in open ridges, sandhill scrubs, and woods, and up to a height of about 20 m. The bark is gray to reddish-brown with broad, flat ridges and scaly fissures. The leaves are stiff, dark green, alternate, and variable in shape. The fruit is a 1.5 to 2 mm ovate acorn with a saucer-shaped cap. The cap is scaly, with soft hairs. 
アメリカ・フロリダ州「フロリダ植物園」にて、2011年05月16日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp