さるおがせもどき (猿麻がせ擬)

Tillandsia usneoides

Tillandsia usneoides

Tillandsia usneoides

Tillandsia usneoides

アメリカの南東部から南アメリカのアルゼンチンにかけて分布しています。とくに「オーク」や「ぬますぎ」などの樹木から、銀白色の細い茎が連なって垂れ下がります。典型的なエアープランツで、根はなく、葉の吸収鱗毛から必要な水分や養分を取り込みます。和名は、高山に生える地衣類の「ながさるおがせ(Usnea longissima)」に似ていることから。 
パイナップル科ハナアナナス属の常緑多年草で、学名は Tillandsia usneoides。英名は Spanish moss。 
The Spanish moss (Tillandsia usneoides) belongs to Bromeliaceae (the Pineapple family). It is an evergreen herb that is distributed from southeastern America to Argentina in South America. This herb grows in the forests, and thin silvery white stalks hang down especially from trees such as "Oak" and "Bald cypress". It is a typical air plant, which has no roots, takes up the necessary water and nutrients from the absorbed scaly leaves. The Japanese name is similar to "Old man's beard" (Usnea longissima), a lichen that grows in high mountains. 
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2003年01月05日撮影。
[中2・下] アメリカ・フロリダ州オーランド市「ハリーP.ルーガーデン」にて、2012年09月23日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp