ソーセージのき (ソーセージの木)

Kigelia pinnata

Kigelia pinnata

Kigelia pinnata

Kigelia pinnata

Kigelia pinnata

Kigelia pinnata

アフリカ西部の熱帯地方が原産です。高さは12〜15メートルほどになります。葉は奇数羽状複葉で、30センチほどの長さがあります。長い花梗を下垂させて、外側が緑白色で内側がワインレッドの花を咲かせます。悪臭のある花は夜に咲き、翌朝には落花します。蝙蝠媒花です。果実はソーセージに似て、長さは30〜40センチもあります。この果実や樹皮は民間薬として利用されているそうです。 
ノウゼンカズラ科ソーセージノキ属の落葉高木で、学名は Kigelia pinnata。英名は Sausage tree。 
Sausage tree (Kigelia pinnata) belongs to the Bignoniaceae (the Trumpet creeper family). It is a tall deciduous tree that is native to the tropical region of western Africa. This tree grows up to a height of 12-15 m. The leaves are impari-pinnate as long as 30 cm. The peduncles are drooping and the flowers bloom. They are green on the outside and wine red flowers on the inside. Flowers with bad smell bloom at night, and in the next morning they will fall off. It is a bat-pollinated flower. The fruits are similar to sausages and they are 30-40 cm in length. This fruit and bark are used as a private medicine. 
[上] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中1] 兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、2005年01月20日撮影。
[中2] 同上にて、2006年12月05日撮影。
[中3] 同上にて、2005年11月25日撮影。
[中4・下] 新潟市東区秋葉「新潟県立植物園」にて、2018年01月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp