セネキオ・ニケンシス・ヒルデブランドテイ [Index] [Back]

Senecio nyikensis var. hildebrandtii

Senecio nyikensis var. hildebrandtii

アフリカの中・東部、ナイジェリアからケニア、タンザニアそれにエチオピアが原産です。多肉質で直立して生え、高さは50センチほどになります。葉は卵形で青緑色、ロゼット状につきます。頭花は橙赤色で、分枝した長い花茎の上に咲きます。 
キク科キオン属の常緑多年草で、学名は Senecio nyikensis var. hildebrandtii。英名はありません。 
Senecio nyikensis var. hildebrandtii belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is an evergreen herb that is native to central and east tropical Africa, from Nigeria to Kenya, Tanzania and Ethiopia. This herb is upright, succulent, and up to the height of 50 cm. The leaves are ovate, blue-green, and arranged rosulate. The flower-heads are orange-red, and bloom on the long branched stalks. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、2011年12月04日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp