せいようすもも (西洋李) [Index] [Back]

Prunus domestica

Prunus domestica

Prunus domestica

Prunus domestica

Prunus domestica

Prunus domestica

Prunus domestica

Prunus domestica

Prunus domestica

「スピノサすもも(Prunus spinosa)」と「ミロバランすもも(Prunus cerasifera)」との雑種系統だと考えられています。英語圏で「プラム」として知られる様々な果樹が本種に属しています。成長すると高さは5〜8メートルになります。早春に白い花が咲き、楕円形または球形のさまざまな大きさの果実をつけますが、最大でも8センチほどで、甘い品種が一般的です。 
バラ科サクラ属の落葉小高木で、学名は Prunus domestica。英名は Plum。 
The Plum (Prunus domestica) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a semi-tall deciduous tree that is believed to hybrids between Prunus spinosa and Prunus cerasifera. It includes many varieties of the fruit trees known as plums in English. This tree grows up 5-8 m at maturity. The white blossoms are borne in early spring, and the ovate or spherical fruit varies in size, but can be up to 8 cm across, and is usually sweet. 
[上] イギリス・コーンウォール州「ランズエンド岬」にて、2011年08月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1〜中5] イギリス・ウィルトシャー州ウェストベリーにて、2011年08月24日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6〜7・下] ポルトガル・ノルテ地方ヴィラ・レアル市にて、2019年03月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp