しゃこばさぼてん (蝦蛄葉サボテン)

Zygocactus hybrida

Zygocactus hybrida

Zygocactus hybrida

Zygocactus hybrida

Zygocactus hybrida

Zygocactus hybrida

Zygocactus hybrida

Zygocactus hybrida

Zygocactus hybrida

Zygocactus hybrida

ブラジルのリオデジャネイロ州に自生している「かにばサボテン(Shlumbergera russelliana)」と「しゃこばサボテン(Zygocactus truncata)」の自然交配種です。現在では多くの改良品種が作出されています。名前は、茎の節のまわりに突起があり、そのかたちが「シャコ」に似ているところから。またデンマークで改良されたものが多いことから「デンマークカクタス」、年内に開花することから「クリスマスカクタス」とも呼ばれます。 
サボテン科シャコバサボテン属の常緑多肉植物で、学名は Zygocactus hybrida。英名は Christmas cactus、Holiday cactus。 
The Christmas cactus (Zygocactus hybrida) belongs to Cactaceae (the Cactus family). It is an evergreen succulent plant that is a natural hybrid of "Wild Christmas cactus" (Schlumbergera russelliana) and "False Christmas cactus" (Zygocactus truncata) that grow naturally in the state of Rio de Janeiro in Brazil. Currently, many improved varieties have been produced. The Japanese name comes from the fact that there is protrusions around the segment, and its shape resembles a "Squilla". It is also called "Denmark cactus" because many of them have been improved in Denmark, and "Christmas cactus" because it blooms within the year. 
[上・中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2006年01月06日撮影。
[中2・中3] 愛知県名古屋市千種区「東山植物園」にて、2005年12月27日撮影。
[中4〜中6] 山形県小国町小玉川にて、2019年09月26日撮影。
[中7〜8・下] 宮城県仙台市宮城野区にて、2020年11月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp