しろばなそしんか (白花蘇芯花)

Bauhinia variegata var. candida

Bauhinia variegata var. candida

Bauhinia variegata var. candida

Bauhinia variegata var. candida

Bauhinia variegata var. candida

Bauhinia variegata var. candida

Bauhinia variegata var. candida

「ふいりそしんか(斑入り蘇芯花)」の白花種で、東アジアが原産です。高さは3〜8メートルになる落葉樹で、細い幹の上にこんもりと枝のアーチを形成します。花期は1月から4月ごろ、落葉する前に、「らん(蘭)」に似た芳香のある真っ白な花を咲かせます。 
マメ科ハカマカズラ属の落葉小高木で、学名は Bauhinia variegata var. candida。英名は White orchid tree。 
White orchid tree (Bauhinia variegata var. candida) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a semi-tall deciduous tree that is a white-flowered species of "Variegated orchid tree", which is native to East Asia. The tree grows up a height of 3-8 m, and it forms arches of branches on thin trunks. The flowering season is from January to April, and before the defoliation, it blooms a pure white flower with an aroma similar to orchid. 
[上・中1・中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月28日撮影。
[中2] 同上にて、2005年03月30日撮影。
[中4〜5・下] アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp