スラッシュまつ (スラッシュ松) [Index] [Back]

Pinus elliottii

Pinus elliottii

Pinus elliottii

Pinus elliottii

Pinus elliottii

Pinus elliottii

アメリカの南東部が原産です。砂質の亜熱帯海岸林や湿った低森林地に生え、高さは18〜30メートルになります。幹は直径60〜80センチです。葉は針状で非常に細く、2〜3個が束生し、長さは18〜24センチです。球果は光沢のある赤褐色で、個々の鱗片には厚い棘が生えます。英名は、その生息域となる「スラッシュ」(樹木や潅木が生い茂る湿地帯)に因みます。 
マツ科マツ属の常緑高木で、学名は Pinus elliottii。英名は Slash pine。 
Slash pine (Pinus elliottii) belongs to the Pinaceae (the Pine family). It is a tall evergreen tall that is native to the southeastern United States. This tree grows in sandy subtropical maritime forests and wet flatwoods, and reaches heights of 18-30 m, with a trunk diameter of 60-80 cm. The leaves are needle-like, very slender, in clusters of two or three, and are 18-24 cm long. The cones are glossy red-brown, thick prickle on each scale. The common name is named after the "slashes" (swampy ground overgrown with trees and bushes) that constitute its habitat. 
[上・中1〜2] アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォードウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3〜4・下] アメリカ・フロリダ州「フロリダ植物園」にて、2011年05月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp