スパニッシュヒース [Index] [Back]

Erica australis

Erica australis

イベリア半島の西部とモロッコ北西部が原産です。乾燥した珪土質の山地に生え、高さは2メートル以下になります。葉は小さな針状です。ピンク色から紫色のベル形の花が春の終わりに咲きます。学名では「エリカ・アウストラリス」です。 
ツツジ科エリカ属の常緑小低木で、学名は Erica australis。英名は Spanish heath、Spanish tree heath。 
Spanish heath (Erica australis) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is an evergreen shrub that is native to the western Iberian Peninsula and northwestern Morocco. This shrub grows in the arid siliceous mountains, and up to 2 m in height. The leaves are tiny needle-like. The pink to purple bell-shaped flowers bloom in late spring. 
ポルトガル・ノルテ地方「アルヴァン自然公園」にて、2019年03月26日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp