スタペリア・ギカンテア [Index] [Back]

Stapelia gigantea

Stapelia gigantea

南アフリカやタンザニアが原産です。砂漠地帯に生え、高さは20センチほどになります。集団を形成する多肉植物で、厚さ3センチの緑色の茎があります。夏に、直径25センチほどの大きな星形をした5弁花を咲かせます。花は赤色から黄色で皺があり、絹のような肌触りと縁取られた毛が生えます。花には、媒介を助けるハエを惹きつけるため、腐った肉の臭いがあります。 
ガガイモ科スタペリア属の常緑多年草で、学名は Stapelia gigantea。英名は Zulu giant、Carrion plant。 
Zulu giant (Stapelia gigantea) belongs to the Asclepiadaceae family (the Milkweed family). It is an evergreen herb that is native to South Africa to Tanzania. This herb grows in the desert regions, and up to a height of 20 cm. It is a clump-forming succulent with erect green stems 3 cm thick. It blooms large star-shaped five-petalled flowers up to 25 cm across in summer. The flowers are red and yellow, wrinkled, with a silky texture and fringed with hairs. They have the smell of rotting flesh, in order to attract the flies which pollinate them. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、2011年12月04日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp