すいせん (水仙)

Narcissus tazetta var. chinensis

Narcissus tazetta var. chinensis

Narcissus tazetta var. chinensis

地中海沿岸が原産です。わが国へは室町時代以前に渡来し、今では各地に野生化しています。自生地としては、伊豆半島や淡路島、越前岬などが有名です。高さは20〜30センチほどになり、12月から2月ごろ、芳香のある花を咲かせます。別名で、「にほんすいせん(日本水仙)」とも呼ばれます。写真下は園芸品種。 
ユリ科スイセン属の多年草で、学名は Narcissus tazetta var. chinensis。英名は Narcisus。 
 
[上] 静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、2004年02月01日撮影。
[中] 兵庫県南淡町「灘黒岩水仙郷」にて、2004年02月08日撮影。
[下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年03月14日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp