サンバーストタンジェリン [Index] [Back]

Citrus reticulata cv. Sunburst

Citrus reticulata cv. Sunburst

Citrus reticulata cv. Sunburst

1961年に、柑橘類の2つの交配種「リスボン(Robinson)」と「オセオラ(Osceola)」の交配から作出されました。それぞれの扁球形の果実は直径がおよそ6〜8センチです。 肌は鮮やかな濃いオレンジ色で、滑らかで、かなり薄く、そしてほとんどの「みかん」のように、簡単に取り除けます。 果肉は種子が少なくて果汁が多く、非常に強い甘さといくぶんの酸っぱさがあります。 
ミカン科ミカン属の常緑低木で、学名は Citrus reticulata cv. Sunburst。英名は Sunburst tangerine。 
Sunburst tangerine (Citrus reticulata cv. Sunburst) belongs to the Rutaceae (the Citrus family). It is a small evergreen tree that was produced in 1961 from a cross of the citrus hybrids Robinson and Osceola. The oblate fruit is around 6-8 cm in diameter. The skin is brilliant dark orange, smooth, and fairly thin, and like most tangerines, easy to remove. The flesh has few seeds and a lot of juice, and tastes intensely sweet with some acid. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォードウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp