だんぎく (段菊)

Caryopteris incan

Caryopteris incan

Caryopteris incan

Caryopteris incan

Caryopteris incan

Caryopteris incan

Caryopteris incan

Caryopteris incan

Caryopteris incan

Caryopteris incan

Caryopteris incan

わが国の九州西部から対馬、朝鮮半島南部や中国南部に分布しています。海辺の草地や山の礫地に生え、高さは30〜150センチになります。8月から10月ごろ、葉腋から花序をだし、茎を取り囲むように青紫色の花を咲かせます。花色には、白色やピンク色もあります。名前は、花が段々に咲き、葉は「きく(菊)」に似ることから。 
クマツヅラ科カリガネソウ属の多年草で、学名は Caryopteris incana。英名は Blue beard。 
Blue beard (Caryopteris incana) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is distributed from southern Kyushu to Tsushima Island, as well as the southern Korean Peninsula and southern China. This herb grows in the seaside grasslands and mountain gravellands, and up to a height of 30-150 cm. The bluish-purple flowers bloom in the inflorescences which close around the stem from August to October. There are also white and pink flower-colors. T 
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2002年09月22日撮影。
[中3〜中7] 千葉県香取市大角にて、2013年09月27日撮影。
[中8〜9・下] 高知市五台山「牧野植物園」にて、2017年09月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp