でんじそう (田字草)

Marsilea quadrifolia

Marsilea quadrifolia

Marsilea quadrifolia

Marsilea quadrifolia

Marsilea quadrifolia

Marsilea quadrifolia

わが国の各地から東アジア、インド、ヨーロッパ中部にかけて広く分布しています。池沼や水路、田んぼなどに生育するシダ植物です。生育期間は4月から10月、地下茎と胞子で繁殖します。葉には長い葉柄があり、クローバーのようなかたちです。和名は、この葉が「田の字」のように見えることから。 
デンジソウ科デンジソウ属の多年草で、学名は Marsilea quadrifolia。英名は Water clover。 
The Water clover (Marsilea quadrifolia) elongs to Marsileaceae (the Pepperwort family). It is a perennial fern that is widely distributed from various parts of Japan to East Asia, India, and central Europe. It is a fern plant that grows in ponds, waterways, and rice fields. It grows from April to October and breeds on rhizomes and spores. The leaves have long petioles and are shaped like clovers. The Japanese name is because this leaf looks like the Chinese character "田" (rice field). 
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2003年06月07日撮影。
[中3〜4・下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2003年06月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp