ディクソニア・フィブローサ [Index] [Back]

Dicksonia fibrosa

Dicksonia fibrosa

Dicksonia fibrosa

ニュージーランドが原産です。このシダは生育が遅く、非常に丈夫で、高さは6メートルほどになります。茎は非常に厚い繊維質で、バドミントンの羽根のような美しい樹冠になります。葉状体は触ると非常にカサカサしていて、長さは1〜2メートル、対称的な外観をみせます。古くなった葉状体はスカートのように幹を取り囲み、乾燥から守ります。このシダは、たぶん100年以上生き続けます。 
タカワラビ科ディクソニア属の常緑シダ類で、学名は Dicksonia fibrosa。英名は Golden tree fern。 
Golden tree fern (Dicksonia fibrosa) belongs to the Dicksoniaceae family. It is an evergreen fern that is native to New Zealand. This fern is a slow growing, very hardy tree fern which will reach up to 6 m in height. It has a very thick, fibrous trunk and produces a beautiful crown of fronds in a shuttlecock shape. The fronds feel very crisp to touch, grow 1-2 m in length and create a symmetrical appearance. Old fronds can form a "skirt" around the trunk which protects from drying out. This fern may live for probably over 100 years old. 
新潟市東区秋葉「新潟県立植物園」にて、2018年01月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp