ディディエレア・トローリイ

Didierea trollii

Didierea trollii

Didierea trollii

マダガスカル島の南部が原産です。サボテン科の近縁ですが、このカナボウノキ科の植物はマダガスカル島の固有植物です。多肉質で潅木状となり、高さ6メートル、直径3メートルになることもあります。棍棒のような茎には、棘と葉があります。黄緑色の5弁花を咲かせます。濃い赤色の雄しべが目立ちます。 
カナボウノキ科カナボウノキ属の常緑小低木で、学名は Didierea trollii。英名は Octopus tree。 
The Octopus tree (Didierea trollii) belongs to the family Didiereaceae. It is an evergreen shrub that is native to native to the southern part of Madagascar. Although closely related to the family Cactaceae, this plant of the family Didiereaceae is endemic to Madagascar. It is fleshy and shrub-like, sometimes 6 m high and 3 m in diameter. The club-like stem has thorns and leaves. The yellow-green five-petaled flowers come in bloom. The dark red stamens stand out. 
アメリカ・ニューヨーク州「ニューヨーク植物園」にて、2004年03月18日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp