たびびとのき (旅人の木)

Ravenala madagascariensis

Ravenala madagascariensis

Ravenala madagascariensis

Ravenala madagascariensis

Ravenala madagascariensis

Ravenala madagascariensis

マダガスカル島の固有種で、1属1種です。二次林に生え、高さは10〜20メートルなります。偽茎は直立し、その先端から長い柄のある長楕円形の葉を、2列に互生します。小さな黄白色の花は、一年中咲きます。名前は、旅人が葉の基部に溜まる水で咽を潤したことからとか、扇状に広がる葉の向きが方角を示すことからなどと言われています。 
バショウ科タビビトノキ属の常緑多年草で、学名は Ravenala madagascariensis。英名は Traveler's palm、Traveler's tree。 
Traveler's palm (Ravenala madagascariensis) belongs to the Musaceae (the Banana family). It is an evergreen herb that is an endemic species of Madagascar Island, and the only species in the genus Ravenala. This herb gorws in the secondary forest and up to the height of 10-20 m. The pseudostem stands upright and bears two rows of oblong leaves with long petioles atop of pseudostem. Small yellow-white flowers bloom all the year round. The common name is derived because the traveler moistened the throat with the water accumulated in the base of the leaves, or because the direction of the leaves spreading fan-shaped indicates the direction. 
[上] オーストラリア・シドニー市「ガルストンオープンガーデン」にて、2006年08月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1・中4] 兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、2005年01月20日撮影。
[中3] 同上にて、2005年11月25日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年10月13日撮影。
[下] 新潟市東区秋葉「新潟県立植物園」にて、2018年01月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp