てんぐサバル (天狗サバル) [Index] [Back]

Sabal mauritiiformia

Sabal mauritiiformia

メキシコから中央アメリカ、コロンビア、ベネズエラそれにトリニダードに分布しています。荒れ地や牧草地に生えます。細身で単幹の団扇状ヤシで、高さ15〜20メートル、直径は15〜20センチになります。この植物には10〜25個の葉があり、それぞれの葉には90〜150個の小葉がつきます。花序は葉よりも長くて分枝し、洋梨形から球形の黒い果実をつけます。果実は直径1センチほどです。 
ヤシ科サバル属の常緑高木で、学名は Sabal mauritiiformia。英名は Savannah palm、Bay palmetto。 
Savannah palm (Sabal mauritiiformia) belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a tall evergreen tree that is distributed from Mexico to Central America, Colombia, Venezuela and Trinidad. This tree grows in disturbed areas and pastures. It is a fan palm with solitary, slender stems, which is usually 15-20 m tall and 15-20 cm in diameter. Plants have about 10-25 leaves, each with 90-150 leaflets. The inflorescences, which are branched and longer than the leaves, bear pear-shaped to globose, black fruit. The fruit are about 1 cm in diameter. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンター・エステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp