ちからしば(力芝)

Pennisetum alopeculoides

Pennisetum alopeculoides

Pennisetum alopeculoides

Pennisetum alopeculoides

Pennisetum alopeculoides

Pennisetum alopeculoides

Pennisetum alopeculoides

Pennisetum alopeculoides

Pennisetum alopeculoides

わが国の各地をはじめ、東南アジアから東アジアにかけて広く分布しています。草原や荒地に群生します。強い根が張っていて、力を入れてもなかなか抜けないのが名前の由来です。8月から11月にかけて、基部に暗紫色の剛毛のある小穂が多数集まった、10〜20センチの花序をつけます。この剛毛が淡緑色のものは「あおちからしば(青力芝)」と呼ばれます。 
イネ科チカラシバ属の多年草で、学名は Pennisetum alopeculoides。英名は Chinese fountain grass。 
The Chinese fountain grass (Pennisetum alopeculoides) belongs to Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is native all over Japan, as well as South East Asia and East Asia. This herb grows in clumps in grasslands or waste grounds. The roots are tough and hard to uproot. The 10-20 cm long spikes are borne from August to November. They consist of many spikelets which have dark purple bristly hairs at the base. 
[上] 奈良県御所市櫛羅「葛城山」にて、2006年10月16日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市下田原にて、2004年09月28日撮影。
[中2・中3] 長野県辰野町上島にて、2005年09月21日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5〜7・下] 山形県小国町玉川中里にて、2019年09月26日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp