つるむらさき (蔓紫)

Basella rubra

Basella rubra

Basella rubra

Basella rubra

Basella rubra

Basella rubra

Basella rubra

Basella rubra

Basella rubra

Basella rubra

熱帯アジア原産のつる植物で、花壇用や食用に栽培されています。花期は7月から9月ごろですが、花には花弁がなく、萼片も全部は開きません。カロチンが大変多く含まれ、健康食品として一時期もてはやされていましたが、好き嫌いが多そうです。おもに若い茎葉をおひたしや和えもの、また炒めものや汁の実にも利用できます。「赤茎種」と「緑茎種」の2つのタイプがあり、赤茎種は茎が紫色で、緑茎種は全体が緑色になります。緑茎種のほうが食味がよいとされ、国内で流通するつるむらさきのほとんどは緑茎種です。 
ツルムラサキ科ツルムラサキ属の二年草で、学名は Basella rubra。英名は Indian spinach、Malabar spinach。 
The Indian spinach (Basella rubra) belongs to the family Basellaceae. It is a biennial herb that is native to tropical Asia. This vein is cultivated for flowerbeds and vegetable gardens. It blloms from July to September. The flowers are apetalous and the sepals are harf out. The young shoots contain rich carotin and used for boiled green, marinated food, stir-fry or miso soup. There are two types, "red stem type" and "green stem type". The "red stem type" has a purple stem, and the "green stem type" has a green color as a whole. The "green stem species" are said to have a better taste, and most of the Indian spinach distributed in Japan are "green stem species". 
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2007年09月25日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2005年09月14日撮影。
[中3〜中5] 千葉県香取市大角にて、2010年08月16日撮影。
[中6] 同上にて、2010年09月01日撮影。
[中7・中8] 同上にて、2010年09月18日撮影。
[中9・下] 同上にて、2013年07月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp