ユリオプス・クリサンテモイデス

Euryops chrysanthemoides

Euryops chrysanthemoides

Euryops chrysanthemoides

Euryops chrysanthemoides

Euryops chrysanthemoides

Euryops chrysanthemoides

Euryops chrysanthemoides

Euryops chrysanthemoides

Euryops chrysanthemoides

Euryops chrysanthemoides

南アフリカが原産です。林縁や河川の茂み、渓谷などに生え、高さは50〜200センチになります。葉は滑らかで緑色、羽状に深裂します。です。頭花は黄色くて直径3〜4センチ、4月から12月に長い花柄のうえに咲かせます。別名で「マーガレットコスモス」とも呼ばれます。
キク科ユリオプス属の常緑小低木で、学名は Euryops chrysanthemoides。英名は Golden shrub daisy、African bush daisy。 
Golden shrub daisy (Euryops chrysanthemoides) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is an evergreen shrub that is native to South Africa. This shrub grows on forest edges, in riverine bush and in ravines, and can reach 50-200 cm in height. The leaves are smooth, green, and divided into deep segments pinnately. The flower heads are yellow, 3-4 cm across, and bloom on the long peduncles from April to December. 
[上・中1〜2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2003年07月06日撮影。
[中3] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] アメリカ・ネバダ州ラスベガス市にて、2009年01月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5〜8・下] 和歌山県岩出市「植物公園緑花センター」にて、2017年09月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp