やまどりやし (山鳥椰子)

Dypsis lutescens

Dypsis lutescens

Dypsis lutescens

Dypsis lutescens

Dypsis lutescens

Dypsis lutescens

Dypsis lutescens

Dypsis lutescens

Dypsis lutescens

Dypsis lutescens

マダガスカル島が原産です。幹が直立して、高さは8メートルほどになります。葉軸は黄色、葉は羽状で光沢があり、2メートルくらいの長さになります。別名で「アレカやし(アレカ椰子)」とか「こがねたけやし(黄金竹椰子)」と呼ばれます。 
ヤシ科ヤマドリヤシ属の常緑小高木で、学名は Dypsis lutescens (syn. Chrysalidocarpus lutescens。英名は Yellow butterfly palm、Areca palm。 
Yellow butterfly palm (Dypsis lutescens) belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to Madagascar. The stem is erect and can reach about 8 m in height. The rachis is yellow, the leaves are pinnate, glossy and about 2 m long. 
[上] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2006年11月21日撮影。
[中1〜中2] 静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、2007年02月15日撮影。
[中3〜中4] 滋賀県草津市「草津市水生植物公園」にて、2003年05月02日撮影。
[中5] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年03月29日撮影。
[中6〜中8] アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・フロリダ州「フロリダ植物園」にて、2011年05月16日撮影。(photo be Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp